退職理由についてのエトセトラ・・・?!

 まずは、リクナビNEXTのデータから、
 退職理由のホンネ?ランキング!

 第一位  上司との人間関係 66人
 第二位  給与が不満足 44人
 第三位  仕事に変化がない、おもしろくない 40人
 第四位  会社の経営方針・経営状況の変化 38人
 第五位  キャリアアップしたい 38人
 第六位  労働時間や環境に不満 32人
 第七位  社長がワンマン 26人
 第八位  同僚・先輩・後輩との人間関係 25人
 第九位  社風が合わない 23人
 第十位  雇用形態に不満 18人

【調査概要】
「退職理由の『ホンネ』と『タテマエ』」アンケート(2005年・リクナビNEXT編集部)を実施。
有効回答数:396
調査期間:2005年4月1月~4月14日


 と、見てみると・・・

 わしの極秘ツール、「窓際スコープ!」 用いての最終結論

 全部は結局、 「人が嫌にやって辞めた」 のです。


 それぐらいも判らんのかいな?


 あとは、尾ひれを付けたり、言い訳しちゃったり、
 退職時に円満に、もしくは退職後も引きづりたくないので円満に、
 はたまた退職後も円満にしないと後々不利になる等々の理由で、
 人以外の退職理由をこじつけているだけ。
 
 いゃ、といってもね、そうそう、
 悩んで考え込んで、吹っ切れずに退職する人の中には、
 大なり小なり、視野狭窄に陥っている場合があるんじゃな、
 そういった人たちって、
 自分で自分のホンネが見えなくなっているケースが多いんじゃ。

 そう人たちが”言う”ホンネは、
 以上の統計のような言い訳になるんだけど、
 具体的に相談に応じて、突き詰めてみると、実は問題は・・・ってことが多々あるよ。

 そりゃ~退職慣れしている窓際太郎、
 数多くの退職相談に応じているから、すっかり退職カウンセラ~?気取り・・・?!
 

 大よそ、退職しない方がその仕事し続けている分の慣れがあるから楽だしね、
 給料もなんだかんだといっても年功序列的な給与制度が大半だしね、
 その組織での実績も、タンスの上のホコリ程度に積もっているしね・・・(笑)。


 それでもなお、
 人が転職のために退職する決意を、実際に退職することを、
 他人事のように軽率に見てはいないか?

 経営者、経営管理者方々はもとより、
 在職している職員は反省とともに以下の事実を自覚すべし!

 「 その人が辞める理由の一端は、在職している(全)職員にある! 」



 と~ぜんのことを以前、現職場の一部の方々に言ったら、批判喰らったけどね・・・苦笑。



 当り前のことを、当り前にいうと、角が立つのかな。

 うん、そうみたい。




 と、思っているんだけどね、
 某・精神分析医の本にま~ったく同じ内容のことが書かれていて、

 う~ん、わし、複雑な心境・・・?!



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック