今日は・・・いつもの普通の日です?!

 自分の心の安定も不安も、喜びも苦しみも、
 すべて相手の言動しだいになってしまう。
 その意味で、その人は他人の愛情の 「 奴隷 」 になっているのです。

  奴隷にできることは、服従か反乱しかありません。
 だから、求めれば求めるほど、相手の言動が気になり、それに振り回されてしまう。
 なんと不自由で、寂しい心の状態なのでしょう。

 この奴隷のような他者への執着から自由になり、
 自分の中に健全な離別感を育てるにはどうしたらいいのでしょうか?


    By え~っとぉ~ のぶゆっきぃ~なぁ~ 

 が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。

  ( 引用・・・『 今日は、心を見つめる日。 』  衛藤 信之 著  サンマーク出版 )



今日は、心をみつめる日。
サンマーク出版
衛藤信之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 今日は、心をみつめる日。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





 『 自分の心の安定も不安も、喜びも苦しみも、
  すべて相手の言動しだいになってしまう。
  その意味で、その人は他人の愛情の 「 奴隷 」 になっているのです。

   奴隷にできることは、服従か反乱しかありません。
  だから、求めれば求めるほど、相手の言動が気になり、それに振り回されてしまう。
  なんと不自由で、寂しい心の状態なのでしょう。

  この奴隷のような他者への執着から自由になり、
  自分の中に健全な離別感を育てるにはどうしたらいいのでしょうか?

         ・・・・・今日は、心を見つめる日。・・・・・・・・・・ By 衛藤信之 』



 『 自分の心の安定も不安も、喜びも苦しみも、
  すべて給与の金額しだいになってしまう。
  その意味で、その人は給与の金額の 「 奴隷 」 になっているのです。

   奴隷にできることは、ゴマスリか転職しかありません。
  だから、求めれば求めるほど、稼ぎの金額が気になり、それに振り回されてしまう。
  なんと不自由で、寂しい心の状態なのでしょう。

  この奴隷のような金銭への執着から自由になり、
  自分の中に健全な経済感を育てるにはどうしたらいいのでしょうか?

        ・・・・・今日は、給与を見つめる日。・・・・・・・・・ By 窓際太郎 』



 すみません、毎度おなじみ、パクリング・なぅ!

 と、どっちが先に頭に浮かんだ文章かと言うと・・・後者です、はぃ。
 それにマッチングした文章は確かこの本だったかと・・・ビンゴ!
 ありました、ありました、パクリに適切な文章・・・(失礼しました)。

 そろそろ、ぼちぼち、ほんわかと、次を考えましょうか。

 日々、少しずつ、心の霧が晴れてきている。
 心の霧が晴れてくる、その恐怖感もある、
 それ以上に今は現実を直視する勇気を頂いている。
 
 誰に?
 そう、あなたに頂いています、その勇気。
 でもって、その勇気の源泉が・・・健全な離別感を育み育ててくれるのでしょう。

 いつからか、心の中を自分の霧で覆い隠すようになってしまったのでしょう。
 
 他人が操縦する飛行機に乗って天国に行くよりも、
 自分が操縦する飛行機に乗って地獄に行ったほうがいい。

 そう、天国目指す奴隷に右へ倣え! していた自分に気が付いた。

 ちょっとずつ、伝家の宝刀に磨きがかかってきた。
 
 自分に期待している。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック