ナントカ委員会、まだやっているのかな・・・?!


 会社で何かが増えるときは、よくない兆候と見て注意したほうがいい。

 たとえば会社が弱くなると会議が増えるんです。

 議論の繰り返しばかりで、誰も何も実行しない。
 ナントカ委員会とかナントカ協議会のように役所的な会議組織ができると、
 これはもう末期症状ですね。


  By そそそぉ~っと ぶんしゅ~ぅ

   が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。

 (引用・・・『 中国人の金儲け、日本人の金儲け ここが大違い! 』  宋 文洲 著 アスコム )







 『 会社で何かが増えるときは、よくない兆候と見て注意したほうがいい。
  たとえば会社が弱くなると会議が増えるんです。
  議論の繰り返しばかりで、誰も何も実行しない。
  ナントカ委員会とかナントカ協議会のように役所的な会議組織ができると、
  これはもう末期症状ですね。 』

 ありゃまぁ~前にいた職場そのもの・・・だやねぇ~・・・。

 いゃ、もっともっと、前の職場にピッタンコ!な指摘多々ありで、
 面白かったですよ~、この本。


 この本の発効日が 2010年3月10日 
 もう3年以上前の本だけど、充分に通用する話が多々ありますよ!

 なんて、なんでそんなことを言うか?

 ビジネス書ってさ、発効日から1・2年すると
 内容自体が陳腐化するケースって多いんだよね。

 特に、3・11以前と以後じゃ~、結構な論調違い、見受けられるしね。

 ビジネス書の括りをどこまでにするか?ってのも、あるけどね。

 いゃね、今、わしの蔵書を切り売りしているんだけどさ、
 内容が充実した本が、古本で売り出されている値段が
 1円だったり、0円、下手すリャ、マイナスだったりしてさ、
 ちょぃ~っと残念に思う。

 まぁ、話が逸れた・・・でもって、それはさておき・・・。


  『 会社で何かが増えるときは、よくない兆候と見て注意したほうがいい。
  たとえば会社が弱くなると会議が増えるんです。
  議論の繰り返しばかりで、誰も何も実行しない。
  ナントカ委員会とかナントカ協議会のように役所的な会議組織ができると、
  これはもう末期症状ですね。 』

 仕事中に会議や話し合いが好きな人、多いよなぁ~・・・。

 ウンザリする。

 わしも良く喋る方だと周囲は勘違いしておるが・・・
 要は悪意持っているだけなんじゃ。

 もともとは喋らんよ、わしは。

 黙々と仕事をする、作業をする、それに尽きる。
 わしゃ~職人の仕事ぶりを尊敬するんじゃな。
 だから、わしも職人のように仕事をする。

 この本でも宋さんが言っているとおりで・・・。

 あとは本を読んでちょ!







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック