なかのっちの本棚

アクセスカウンタ

zoom RSS お笑い崩れの変なオッちゃん?!

<<   作成日時 : 2013/11/16 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 難しい道を行って、なおかつ、その道を楽しみなさい。
 山を登るつらさや、困難な道をゆく苦しさを
 「つらい、つらい」と思わずに、
 険しい道を登ることが楽しい、
 登っていくことで勉強になるのだと思うのです。
 ずぶぬれになって川を渡りながら、こうして勉強をしているのだ、
 と、そのことを心から楽しむのです。

 そうすればきっと、平坦で楽な道を歩んできた人よりも、
 下界を見下ろしたときの満足感や
 「自分の人生は、なんて幸せなのだろう」という思いは、
 一層大きなものになるはずです。
 そして困難な道を突破した経験は将来に向けての大きな力になるとともに、
 この間に味わった失敗は二度とくり返さないという、
 将来に向けての二つの力が与えられるのです。


 By どっどっどっぉ〜くった〜なかまっつぅ〜

   が〜おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ〜ありません。

 (引用・・・『 バカと天才は紙二重  』 ドクター・中松 著  ベスト新書 )



バカと天才は紙二重 (ベスト新書)
ベストセラーズ
ドクター・中松

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バカと天才は紙二重 (ベスト新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 ドクター中松って、なんだか変人おっちゃん!

 って感じで、マスコミでの登場の仕方も、
 そんな思わせぶりな演出しちゃっているけどさ、
 凄い人なんだね。

 って、わしもこの本を読むまで、
 お笑い崩れの変なオッちゃんかと思ってたよ。

 大変失礼致しました。

 そりゃ〜、フロッピーディスク作っちゃった発明家として、
 灯油のシュポ・シュポ作っちゃった発明家だってことは、
 知っていたけどさ。

 どんな発明家でも、やっぱりさ、何だか変人かな???

 っと思ってたけど、違うんだね。
 ドクター中松さんのこの本に書かれているロジック、
 凄いよ、本当に。

 真に「バカと天才は紙二重」!

 って意味が重々分かるよ。
 紙一重じゃ〜ないんだ、
 バカと天才は違うんだ、決定的に!

 
 『 難しい道を行って、なおかつ、その道を楽しみなさい。
  山を登るつらさや、困難な道をゆく苦しさを
  「つらい、つらい」と思わずに、
  険しい道を登ることが楽しい、
  登っていくことで勉強になるのだと思うのです。
  ずぶぬれになって川を渡りながら、こうして勉強をしているのだ、
  と、そのことを心から楽しむのです。

  そうすればきっと、平坦で楽な道を歩んできた人よりも、
  下界を見下ろしたときの満足感や
  「自分の人生は、なんて幸せなのだろう」という思いは、
  一層大きなものになるはずです。
  そして困難な道を突破した経験は将来に向けての大きな力になるとともに、
  この間に味わった失敗は二度とくり返さないという、
  将来に向けての二つの力が与えられるのです。 』

 この人に対する愛情溢れる文章、伝わってくるかな?

 この本を読むと、
 ドクター中松さんがどれだけ愛情溢れる人なのか、
 文章からヒシヒシと伝わってきます。

 この本を読んで、ドクター中松さんのファンになりました!!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お笑い崩れの変なオッちゃん?! なかのっちの本棚/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる