思考停止・・・?!


 本来、顧客は絆を深め、ファンもしくは仲間になってもらうべき相手である。
 その相手を「ターゲット」と呼ぶ企業姿勢は、隠そうとしても伝わる。

 (・・・中略・・・)

 そのくらい「ターゲット」という言葉には、
 いまの時代の「顧客」のいいかえとして不適切な側面があるのだ。

 にもかかわらず、私たちは深くかんがえもせずに、
 こうした悪影響を及ぼしかねない言葉を安易につかってしまっている。

 そんな言葉を、著者は「思考停止ワード」と呼んでいる。
 安易に用いることで、知らず知らずのうちに思考が停止しがちになり、
 その結果、ビジネスにさまざまな悪影響を及ぼしかねない言葉だ。


  By 白鳥と~ブランコでサイン、ピ~す!?

   が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。

 (引用・・・『 ビジネスを蝕む思考停止ワード44 』 博報堂ブランドデザイン 著 アスキー新書 )



ビジネスを蝕む 思考停止ワード44 (アスキー新書)
アスキー・メディアワークス
博報堂ブランドデザイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビジネスを蝕む 思考停止ワード44 (アスキー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




『 本来、顧客は絆を深め、ファンもしくは仲間になってもらうべき相手である。
 その相手を「ターゲット」と呼ぶ企業姿勢は、隠そうとしても伝わる。
 (・・・中略・・・)
 そのくらい「ターゲット」という言葉には、
 いまの時代の「顧客」のいいかえとして不適切な側面があるのだ。
 にもかかわらず、私たちは深くかんがえもせずに、
 こうした悪影響を及ぼしかねない言葉を安易につかってしまっている。
 そんな言葉を、著者は「思考停止ワード」と呼んでいる。
 安易に用いることで、知らず知らずのうちに思考が停止しがちになり、
 その結果、ビジネスにさまざまな悪影響を及ぼしかねない言葉だ。  』


 そうそう、この文章の中にも「思考停止ワード」は
 散りばめられているようですけどね?!

 思考停止ワード、
 私なりに言わせて頂きますと、
 組織内の共通認識が入り込みやすい思考停止ワード、
 なんですな。

 だからこそ、同じ言葉なんだけど、
 使うときにはTPOが必要なんじゃな。

 それと同時に
 組織内の共通認識が入り込みやすい思考停止ワードであるが故に、
 組織内の共通認識が出来ていない組織で使われる思考停止ワードは、
 組織内の共通認識を阻む思考停止ワードであり、
 それぞれがそれぞれの使っている言葉の意味を履き違えたまま、
 その先の話が進んでしまう、それぞれの認識が拡散してしまう言葉でもある。
 
 あぁ、ここらへんは、私の私見ね、あくまでも・・・。

 そんなことは百も承知・・・、という思考停止ワードもあるけどね(笑)!

 以前の職場では・・・
 (どこの職場じゃい!転職繰り返す転職の鬼のが!と自分でわしにツッコミ!)
 それが多くてねぇ~・・・。

 今の職場はどう?
 そりゃ~言えねぇ~なぁ~。
 
 このブログの存在を今の職場の方々は知らないが、
 知っちゃったときのことを考えるとねぇ~・・・誤解生じるからね。

 なにはともあれ、
 この本に書かれている 「思考停止ワード」 の考えを参照して、
 自分自身の思考の中に思考停止ワードが潜んでいないか、
 チェックしてみよう。

 私はそのためにこの本を購入して読みました。

 是非、あなたも・・・



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック