浮かばれるように・・・?!

 
 多くの経営者や部課長は、部下に「努力をしてもらうこと」を喜ぶものです。
 
 連日徹夜をしている姿を見て、「頑張っているな」と評価する場面は、
 いまだに多くの企業で見られます。
 前章で述べた「努力の方法」を無視した態度です。

 これではいつまでたっても生産性は上がらず、効率化は図れません。

 せっかく努力している本人も浮かばれないでしょう。

 リーダーは、「努力をすれば結果を出せる仕組み」を考えなければならないのです。


  By まぁ~ちゅぃ~ぃ ただ みっち~

 が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。

 (引用・・・『 無印良品は仕組みが9割  』 松井 忠三 著  角川書店 )






 
 『 多くの経営者や部課長は、部下に「努力をしてもらうこと」を喜ぶものです。
 
  連日徹夜をしている姿を見て、「頑張っているな」と評価する場面は、
  いまだに多くの企業で見られます。
  前章で述べた「努力の方法」を無視した態度です。

  これではいつまでたっても生産性は上がらず、効率化は図れません。
  せっかく努力している本人も浮かばれないでしょう。
  リーダーは、「努力をすれば結果を出せる仕組み」を考えなければならないのです。 』

 そうなんだよなぁ~・・・。

 まぁ、知っている人は知っている、わしの正体・・・?! 
 まぁ、いいや、わし、只今、ただの平社員、
 入社1年未満の初心者マ~ク張り付け中?!

 余計で無駄なお話しはさておき・・・

 職場で配られたんだ、この本。

 わしゃ~人に勧められた本や貰った本は
 読んだフリこそすれ、マトモに読まないんだよね、普通は。
 
 だって、自分で読む本だよ、
 自分で選んで自分の興味ある本を読みたいでしょう。

 でもこの本、配られて目次を見た瞬間、
 ほっほっほ~!
 たぶん、吉越浩一郎さんと酒巻久さんの2名が主張されている考えもあるな!
 と思って、さっさく読んだ、うん、さっそく2名が登場していた・・・笑!!

 ありゃま、また余計な話で・・・

 無印良品って名前が面白いよね、
 「無印良品」ってな、
 無印なフリして、それがブランドになっちゃって、
 もろ、有り有り印!ってな感じじゃがなぁ~?!

 なに? ふざけるな? やだよん。

 一方でこういった素晴らしい考えがあり、
 一方でブラック企業が存在する。
 同じ穴の無印商品・・・じゃなくって、狢かな。

 もっと気楽に行こうじゃないの、人間だもの。

 肩の力を抜いて、好きなことで頑張って、
 それがもし仕事だったらラッキー程度に考えなよ。

 あれ?

 おれ、誰かさんに向って、話しているな、そう、あなたです!?


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック