女性脳と男性脳・・・?!


『 優秀な男性脳の持ち主である彼のもとに、
 新人の女性が始めて入ってきた年のことだ。

 ある朝、彼女がフロアに入ってくるなり、いきなり

 「さっき、駅の階段でつんのめって、
  こけそうになっちゃったんです。怖かった~」 と言った。

 彼は「それで、けがは?何段落ちたの?」
 と尋ねたのだが、

 彼女は「…落ちてませんけど?」と言って、
 あからさまにムッとした表情になった。

 (中略)

 そう、彼は失敗した。
 彼がすべきだったのは・・・(中略)・・・

 「転びそうになって転ばなかった話」には、

 女性脳にとっては多大な情報価値がある。 』


    By . おはらくろぐろ いっぽっこっこ

が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。

( 引用・・・ 「 女の機嫌の直し方 」  黒川 伊保子 著  インターナショナル新書 )



女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)
集英社インターナショナル
黒川 伊保子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




上記の 「転びそうになって転ばなかった話」には

男性が心得ておく女性脳への対応の象徴的なお話しです、

男性方々は、よくよく心得ておく必要があろうかと思います。


働く現場での男女の違い、いざこざ、すれ違い、

殆ど全てはこの本に、その根本原因が語られているように思います。

男性経営者がバイブルとする本の一つとして、

是非、定期的に読んで、そして持っておいて欲しい本です。


これを読んで、家内への対応を少し変えただけで、

夫婦円満、家族内も良くなり、職場でもお客さま先でも、

話がスムーズに行くようになりました!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック