テーマ:仕事

逃げろ!?

 たとえば学校でいじめられたときには、  そのいじめてくる人たちと戦うか、  転校などをしてそこから逃げるか。  仕事でいえば、パワハラなどにあったら、  その上司と戦うかあ、会社を辞めるか。    つぶれそうなら、残って立て直そうとするか、  逃げるか。  本来、人はこうした判断が下せる  本能をもってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとボヤきます・・・?!

 昔は「何万人に一人の逸材」なんて言って、  突出した一人の人間を持ちあげて  スターにしていたけど、  今はそんな気はさらさらなくて、  全員がスターになろうとしている。  もっと言えば、そう錯覚している。  むしろ、スターのような存在を目の敵にして、  全員で引きずり下ろして  「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死ぬほど…?!

 『 私が考える教養の条件は、   「自分が知らないということを知っている」 ことと、   「相手の立場に立ってものごとが考えられる」   ことの2つです。  』  『 教養を磨くものは何か?    それは仕事と読書と人だと思います。   この3つは相互につながっていて、   どれか一つが独立してあるというものではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性脳と男性脳・・・?!

『 優秀な男性脳の持ち主である彼のもとに、  新人の女性が始めて入ってきた年のことだ。  ある朝、彼女がフロアに入ってくるなり、いきなり  「さっき、駅の階段でつんのめって、   こけそうになっちゃったんです。怖かった~」 と言った。  彼は「それで、けがは?何段落ちたの?」  と尋ねたのだが、  彼女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦

 私は夫婦とは、  欠点だらけの男と女が一緒になり、  ともに暮らしていく中で、お互いの長所と短所を認め合い、  それを修正しあっていくものではないかと思っています。 鋼のメンタル (新潮新書)新潮社 百田 尚樹 Amazonアソシエイト by  『 私は夫婦とは、  欠点だらけの男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッシング…?!

なぜ佐野さんも、小保方さんもあれほどのバッシングを受けたのでしょうか。 (中略) その一つに自己責任論の背景にある 「自分たちは正義である」という強い考え方があると思います。 つねにバッシングの対象を見つけ、 少しの「悪」の部分を叩き、自分たちが優位に立とうという心理が蔓延しているのです。 それでは、なぜ正義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自分探し」という名の逃避行・・・?!

   成功本を読んだりして   「自分探し」や「自己改造」を追及している人って、   たいていは海外に出たり、   まったく違う世界に行ってみたりしたがるじゃないですか。   でも僕の考えだと、それは単に周囲に   自分のことを知っている人がいない場所に行くことで環境の側を変えて、   何かが変わった気になってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯医者について考える習慣を・・・?!

 今日も巷にはインプラントの被害にあった  「インプラント難民」 があふれ、  私は怒りを胸に、  日々、その後始末に追われている。  新しいミサイルを前にした軍人は撃ちたくなり、  金が儲かるインプラントを覚えた歯医者は患者に打ちたくなる。     By さっさいさいと~う まっさっとっっとっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルノ依存症・・・?!

 本を読んでいる間は一時的に  「何とかなる」  という何の裏づけもない高揚感を得られるかもしれませんが、  問題の本質は何も解決されていないのです。  これこそがキャリアポルノがドラッグと同じだと言える理由です。  【注:キャリアポルノ・・・自己啓発書のこと】  キャリアポルノはお酒でもドラッグでもなく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

思い上りもいいところ・・・?!

 他人は思いどおりにならない存在です。  人と人との間に存在するギャップを少しずつ埋める作業が、    対話であり、本当の意味でのコミュニケーションなのです。  むしろ自分の言ったことがそのまま伝わるだろうと考えるのは、  その人の思い上りであるとも言えます。  By さっくぅ~さっくぅ~らいらい ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物語の中から・・・!?

 『 部下たちにはこういうふうに変われと言う。   そう言っているトップはそういうふうに変わっていないのだ。     人間が自分を変えることは非常にむずかしい。   そのむずかしいことを部下にやれと言って、    オレはこのままだよ、     と平然としているトップが意外と多い。   いや、自分は変わっているつもりな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浮かばれるように・・・?!

   多くの経営者や部課長は、部下に「努力をしてもらうこと」を喜ぶものです。    連日徹夜をしている姿を見て、「頑張っているな」と評価する場面は、  いまだに多くの企業で見られます。  前章で述べた「努力の方法」を無視した態度です。  これではいつまでたっても生産性は上がらず、効率化は図れません。  せっかく努力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうてぃ・・・!?

 女性と交際をした経験がなく、性風俗にも行ったことのない、  三十五歳以上の真正童貞を中年童貞とする。  (中略)  中年童貞はプライドが高く、傲慢である。  誰に対しても気が効かないのは当然、精神年齢が低く、  常に誰かが助けてくれるのがアタリマエだと思っている。    By あっちゅ~ぃひこぉ~き な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思考停止・・・?!

 本来、顧客は絆を深め、ファンもしくは仲間になってもらうべき相手である。  その相手を「ターゲット」と呼ぶ企業姿勢は、隠そうとしても伝わる。  (・・・中略・・・)  そのくらい「ターゲット」という言葉には、  いまの時代の「顧客」のいいかえとして不適切な側面があるのだ。  にもかかわらず、私たちは深くかんがえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お笑い崩れの変なオッちゃん?!

 難しい道を行って、なおかつ、その道を楽しみなさい。  山を登るつらさや、困難な道をゆく苦しさを  「つらい、つらい」と思わずに、  険しい道を登ることが楽しい、  登っていくことで勉強になるのだと思うのです。  ずぶぬれになって川を渡りながら、こうして勉強をしているのだ、  と、そのことを心から楽しむのです。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会計事務所は税金計算屋です。

 決算書の利益は「利益」ではない。  これが結論です。  あれは「税金を取るための数字」。  税金の世界では「所得」といいます。  中小企業の経営者は、  あの数字を会計事務所から見せられて  「利益」と思っているわけです。  そして、会計事務所もあの数字を「利益」と考えているわけです。  さらにその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低の危うい笑い

 最近テレビなどで見る笑いには、相手を窮地に追い込み、  その慌てふためく様子や恐怖におののく表情、  言動を見て喜ぶものが多いようです。  これはまさに”いじめ”に通じる笑い。   「強い緊張そのものを楽しむ笑い」 は、  本来の笑いのルールを逸脱したもので、  これは”最低の笑い”です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反省・・・

”がんばる” ことに陶酔していないか  だれでも冷静に振り返ってみると、  ほかのだれより長時間会社にいるとか  私生活を犠牲にするといった禁欲的な生活をすることで満足し、  がむしゃらに働くこと自体に陶酔しているケースがよくあります。  あるいは体や神経は使っていても、  頭はあまり使っていないのかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バックコーラス

 バックコーラスの人のほうがメインで歌う人よりもうまい  なんてことは、よくあります。  バックコーラスをやっているのはプロですが、  前に出て歌うのはアイドルで、歌が下手だったりするのです。  その人だけでは、声は悪いし、聴けたものではありません。  でもバックコーラスの人がきちんと歌うことで、  全体として美しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くじけないこと・・・

   他人と合わない、学校と合わない、会社と合わない、国と合わない、  等々の言い訳を出して、自分の人生を台無しにする人が絶えないのです。  個人の人生はもともと、学校にも会社にも国にも合うものではありません。  しかし、多数の人々は、基準が合致しないことを理解して、  それに拘ることなくこの社会でそれなりに生きてみようと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ナントカ委員会、まだやっているのかな・・・?!

 会社で何かが増えるときは、よくない兆候と見て注意したほうがいい。  たとえば会社が弱くなると会議が増えるんです。  議論の繰り返しばかりで、誰も何も実行しない。  ナントカ委員会とかナントカ協議会のように役所的な会議組織ができると、  これはもう末期症状ですね。   By そそそぉ~っと ぶんしゅ~ぅ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御社の将来性は・・・???

   伸びる会社 ダメな会社の法則  【法則5】 人の話を聞かない社長には投資しない。  【法則6】 質問したら怒り出す社長の会社は負け組企業入りか、既に負け組企業。  【法則19】 後継者の育っている会社は将来性が高い。         (二代目のほとんどはスポイルされる)  【法則25】 社員に体操を強要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鏡の法則

 「私たちの人生の現実は、   私たちの心の中を映し出す鏡である」 という法則   これが 「鏡の法則」 です。    By のぉ~っぐっち~ よしぃ~のぉ~りぃ~    が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。  (引用・・・『 鏡の法則  』 野口 嘉則 著  総合法令 ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぼんやりと・・・?!

 エマーソンは人間を定義する際に  「その人が一日中考えていることが、その人なのだ」   と述べています。  つまりその人物の生年月日や家族構成など概略的な事柄は関係なく、  今ある自分が感じたり思ったりしている姿が「私」であるといっているのです。  とすれば、この「私」はこれからどんな変わり方も可能であり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理念の下に・・・

 ある人材が今の職場で仕事をしているのは   単なる怠慢や偶然であることが多く、  その企業の理念を正しく理解し、それに深く共感しているケースは稀です。    By しゃっかぁ~ぃ じょぉ~んず    が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。  (引用・・・『 「日本で最も人材を育成する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌なことは・・・?!

 嫌なことはすべて避けて生きていきなさい。    By 千葉県 富津市 タミタミちゃん   が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。   (引用・・・『 人生はカレーライス! 』       ニッポン放送 小倉淳の早起きGood Day! 編   ニッポン放送 ) 人生はカレーライス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儲けるには・・・?!

 「脱サラするのであれば、焼鳥屋を始めるのがよい」   と言われるそうです。 これは、  「一本の材料費は20円くらいだから、   それを150円で販売すれば、儲かってしかたがない」  という理屈に立脚しています。  サラリーマンという営利団体に長く勤めていた人ですら、  この言葉に騙されているようです。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大人の必修本・・・?!

 ドロドロのクズ肉に  添加物をじゃぶじゃぶ投入してつくったミートボールを、  わが子が大喜びで食べていたという現実。  そうだ、自分も、自分の家族も消費者だったのだ。     By あっかんべぇ~ つかっさぁ~     が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。   (引用・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情報提供とは・・・?!

 「たしかにいったはずだ」 「いえ聞いていません」  などという事態がしばしば起こるのは、  伝えたものが情報ではなく、伝わったものが情報だ、  ということを理解していないからだ。     By こぉ~やんまぁ~ まっさっひっこぉ~   が~おっしゃられた意見でした、私の意見じゃ~ありません。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more